就職面接の基本マナー

就職活動を成功させる上で不可欠の面接では、どんなマナーを守ることで好印象を得られるでしょう。
面接に行く時には、何はさておきマナーが重要です。
発言がすばらしいものであっても、学業が優秀だったとしても、マナーができていなければ意味がありません。
面接に行く場合には10分前に会場に到着するようにしましょう。
万が一トラブルで遅れる場合には電話で連絡することが大切です。
就職した後に臨機応変に対処できるかどうかも見られているのです。
受付に到着したら自分の名前と就職の面接に来たことを告げて指示に従いましょう。
はきはきとした、明るい印象を与えるあいさつを心がけるといいでしょう。
ドアを開けて面接会場に入る場合は、いきなりドアを開けるのではなく、ノックしてから失礼しますと声を出します。
会社で、働いている人と遭遇した場合は、軽く頭を下げるなどしてあいさつをしてください。
他の人が面接を受けている間、待機しているというような時は携帯の電源はきってじっと待ちます。
待ち時間に携帯電話をずっといじっているようなことはしないほうが無難です。
面接室に入るときには2回ドアをノックして面接官にどうぞと言われたら入ります。
面接官のところまで行き自分の名前を名乗り挨拶をしましょう。
面接官におかけくださいと言われてから椅子に座ります。
相手の目を見てはっきりと話すこと、言葉遣いは丁寧にを常に意識しましょう。
面接が終わったら、面接官にありがとうございましたと挨拶をして出ていきます。
就職活動で欠かせない面接は、面接で話す内容も大事ですが、面接中の姿勢や態度も重要です。
マナーは心がけ次第で誰でもできる面接の基本です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ