就職試験での適性検査について

最近は、適性検査を就職試験の一つとして実施する会社が増えています。
適性検査で何を会社側は知りたいと思っているのでしょう。
SPI検査という適性検査が就職試験では一般的で、全部で200ほどの質問が出されます。
就職試験の一環として適性検査を受けてもらうことで、性格傾向を判断するものです。
その人の感情の動きや、人格の一端を知るために使われます。
どう答えてもいいように見えるかもしれませんが、会社側が好む回答がないわけではありません。
この答えを書いておけば間違いないというものはなく、業種や職種によってどんな適性が求められるかは異なっています。
市販のSPIの問題集によっては、性格適性検査は、正直に回答するのが望ましいと記載されているものもあります。
ある意味では、適性試験とは求職者がどんな人かを知る手がかりになるという以上のものではありません。
行動的側面、意欲的側面、情緒的側面、ライフスケールという4つの項目で適性検査の結果が表示されます。
行動的側面、意欲側面によって、その人物がアクティブに仕事に取り組んでくれるかが判断できます。
感情を自制することができる人物かどうかが、情緒的側面から判断されるといいます。
自分に正直であるかどうかは、ライフスケールによってわかるといいます。
希望する会社がどのような就職試験をするのか事前に知ることが出来ない場合も考えられますが、できる限りの準備はしておきたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ