未経験での転職について

案外少なくないのが、転職を考える時、現在の職種や業種とは違う未経験の分野で働きたいという人です。
未経験と一口にいっても、職種が未経験なのか、業界が未経験なのかで差が大きくあるといえるでしょう。
職種の経験があれば業界が未経験もで、転職できる可能性はまだあるといえます。
共通項を探すことは難しくないのが、製造業の営業にいた人が、IT関連の営業に転職したいという場合です。
難易度の高い転職となるのは、どちらも未経験であるという場合です。
未経験分野への転職は、視野を拡げるという意味でも将来的にプラスになることもあります。
求人の中に未経験可のものがあれば、問い合わせを積極的にしてみることをおすすめします。
誰でも最初は未経験から始まります。
転職を未経験分野へする時に大切なことは、その仕事をどうして未経験にもかかわらずしたいかを明確にしておくことなのです。
面接での自己アピールも覚束ないですし、転職活動を続けるモチベーションにも志望動機が明確でなければ影響してしまうでしょう。
コミュニケーション能力が高く、情報収集力や情報活用力が高い人が、採用基準は会社によって違うとはいえ有利になります。
年齢にもよりますが、転職理由や志望動機が前向きで納得のいくものであれば、未経験者でも採用する業種は少なくありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ