就職面接の種類と対策

就職活動で大抵の場合受けなければならない面接には、数パターンあります。
面接で知ることとは、その人がどういった人物かという点です。
履歴書やエントリーシートでは見えないところを見るものといえます。
面接は大きく分けると2つの種類があります。
1つはグループ面接です。
面接を受ける人は複数で面接官が指示する順番か挙手によって質問に答える形式です。
2次以降の面接では余り行われず、一次面接で行うというパターンが多いようです。
他人が答えた質問と同じ質問に答える場合もありますので、発言内容がかぶらないように注意をするなどのことも必要になってきます。
一緒に面接を受けたグループの中から頭一つ飛び出ることができなければ、面接を通過することはできません。
制限のある時間の中でいかに自分を売り込めるかが重要になります。
相手に好ましい印象を持ってもらうことが、グループ面接の肝となります。
面接開始前から既に、面接官が見ていることは理解しておきましょう。
最後まで元気よく気を抜かずに頑張りましょう。
もう1つは個人面接です。
1人に対して面接官が1人か複数となります。
グループ面接と違ってじっくりと会話する中でさまざまなことが評価されます。
重要な個人面接のポイントは面接官との会話が成立することです。
即戦力のある人材か、仕事の適性やモチベーションはあるかなどが計られます。
これまでことを聞いて、会社側は人物像を判断しています。
過去の出来事を整理しまとめておいたり、会社に関する下調べをきちんとしておくことが、就職試験の面接では必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ