外国人が就職を探す場合

外国人が日本での就職を希望することは、決して珍しいことではありません。
最近特に多いのは、日本に来た留学生がそのまま日本での就職先を見つけるケース。
留学では学生ビザが発行され、学校に通っている間日本にいることができます。
日本語はじめ専門的なことを学ぶのですが、学生ビザでは原則日本では働くことはできません。
いつまでがビザの有効期限かは発行時に決まっているため、期限が切れる前に帰らなければなりません。
人によっては、学校を出てからもしばらくは日本にいたいと思うようです。
ビザが切れる前に日本で就職活動を行い就職先を見つける必要があります。
最近はインターネットを利用することで、外国人であっても、かなり積極的に就職活動を行うことも可能になりました。
外国人のための人材あっせん会社も最近は増えています。
外国人向けの就職サイトとはいえ、言語は日本語のみということも多く言葉の壁を乗り越える必要があります。
普段は日本語だけで仕事をしているという企業は未だ多くあります。
日本語を使った会話や読み書きが可能な状態でなければ、外国人が就職をすることは難しいのが現状です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ