外国人の就職

外国人の就職についてです。
日本経済はなかなか景気が回復せず新卒者は就職も困難な時代だと言われています。
日本に住む外国人であっても同じこと。
日本に住み、就職先を探している外国人の中には、大学時代に留学してきてそのまま残っている人もいます。
やはり外国人であろうと就職先を見つけるのに苦戦するケースが増えています。
外国人の中には、ビザを利用して日本に滞在中に、就職先を見つけたいという人もいます。
ビザが切れると不法滞在になりますが、それまでに就職先を見つけられない人も少なくありません。
外国人が日本へ来て働くには日本での就職先が決まって就労ビザを発行されている場合が多いようです。
何らかの理由で退職したり解雇された場合は、速やかに国へ戻ることになります。
働いてない状態がいつまでも続くと帰らなければならなくなる以上、急いで次の就職先を日本国内で決めなければなりません。
日本人で言う再就職先を探すことと同じ意味になります。
再就職の方法は、日本人を対象としたものは充実しています。
ハローワークで求人を紹介してもらったり、人材紹介会社を使ったり、求人サイトを活用するのもいい方法です。
一方、外国人の場合は言葉が通じない面があったり、ビザという制約もあったりと、就職活動をすること自体が困難です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ