仕事を辞めたい人は休養も必要

強いやりがいを持って意欲的に取り組んでいた仕事だったとしても、何かのできごとが引き金になって自信喪失し、仕事を辞めたいとまで思いつめてしまうことがあります。
景気が低迷している昨今、求人自体が少なく、就職は難しい事態が続いています。
できれば今のままの仕事を続ける方向性で考えましょう。
反対に職場環境が悪いままの状態で仕事を続けていくことは、精神的にもつらいものです。
時には体調を崩したり、うつ病の原因にもなるので注意も必要です。
多くの人が、仕事をやめたいと考える時期があるようです。
1人で思いつめず、上司や友人に相談して、突破口を探ってみてください。
自分の気持ちを理解してくれる人がいるという事実はは気持ちの支えになり、解決の糸口が見えることもあります。
一定期間仕事から離れてみることで、仕事をやめたいという気持ちを軽くするというアプローチもあります。
やめてしまった職場に再雇用してもらうのは、よほどのことが必要です。
休職扱いであれば、仕事に復帰することも可能です。
精神的に追い込まれていると感じた、一度会社との距離をおいて、よく考えてみるのもいいでしょう。
辞めたいと考えた時に即座に実行するのではなく、フラットな視点に戻った上で、改めて周囲の人に相談してみるのもいいでしょう。
しばらく仕事をせずに過ごしてみることによって、辞めたいという気持ちが小さくなっていくこともあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ