就職活動の内定とは

実質的には採用が決まっている状況を指すのが就職活動の内定というもので、正式決定の手続きこそしていないものほぼ決まった状態です。
労働契約の一種である就職活動での内定とは、よく就職活動時の用語として使われる言葉なので覚えておきましょう。
始期付解約権留保付労働契約と呼ばれ、正式に労働契約が成立している状態となります。
新卒者の就職活動における内定とは在学中に締結される労働契約で、基本的には卒業後を始期とするものです。
新卒者を対象とした内定は10月1日から出してもいいことになっているのが、企業間の取り決めです。
絶対的な決まりでもありませんし、法律で決まっていることではないといいます。
内々定を内定の前に出す企業も実はあるのです。
早期に就職活動がうまくいって内定を取ると、その会社に本当に就職していいのか考えてしまう人もいるでしょう。
いろいろと悩みがでくるようで、本命への就職活動に内定辞退をして取り組むべきかなど考えてしまうでしょう。
内定に関しては労使の双方に解約権があり、学生側の場合は入社予定日の2週間前までであれば辞退が可能です。
相手に迷惑をかけないためにも、辞退をするなら早めにすることがマナーです。
会社側にとっても、内定を辞退されるのは困ることなのです。
就職活動をこれ以上しないことを内定の条件にする会社も中にはあるといいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ